専業主婦から働くママへ 最初の1歩の踏み出し方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

今日のテーマは、専業主婦から働くママへ 最初の1歩の踏み出し方です。

あなたが自宅で料理教室の先生をはじめよう!と考えた理由は何でしょうか?

昔から好きだったお料理やお菓子、パン作りを仕事にできたらステキだな!と考えたからですよね。

でも、子どもが小さいので、なるべく一緒にいたい、というママさん先生もきっと多いはずだと思います。

確かに、小さな子どもを抱えているママが外で働くのは、とても大変なことですね。先の保育園問題など社会的な課題もまだ山積しています。

だからといって、いつまでも躊躇していては何もはじまりません。

ですから、今回はそんな働きたいけど、なかなか踏ん切りがつかなくて…というあなたのために、最初の1歩の踏み出し方のヒントをシェアさせていただきましょう!

まずは1日1時間だけ働いてみる

自宅で料理教室を開いて働くということは、生徒さんに来てもらい、レッスン料をいただくことになります。

本格的な教室の場合、だいたい2時間から2時間30分がレッスンの所要時間になるでしょう。

レッスンのためには、事前準備と生徒さんを見送ってからの後片付けなどがありますから、場合によってはレッスンの倍の時間をレッスン当日には確保しておく必要があります。

その間、まだ子どもが小さいママの場合は、4-5時間を教室の仕事だけに集中するのは難しいですよね。

これは、外に働きに出た場合もだいたい同じになります。

近くでパート仕事をしようとしたら、最低でも3-4時間は勤務する必要があるでしょうし、通勤にかかる時間も含めれば、やはり4-5時間は家を空けることが必要になります。

レシピを見る

 

ですから、この時間を考えると、どうしても働くことができない…と考えてしまいますよね。

なので、まずは1時間だけ働くと頭を切りかえてみることをオススメします!

「そんな都合のいいことができるわけないじゃない…」というあなたの声が聞こえてきそうですね。

普通に考えていたら、なかなか難しいと思います。

なので、「あなたが、まずは1時間だけ働くためにはどうすればいいか?」にフォーカスしてみてください。

すると、意外なアイディアが浮かんでくるものなのです。

以前、このブログでも紹介した働くママは、働くという実績を作るために夫が帰宅した夜に訪問介護の仕事を30分だけ、週に1回することからはじめたといいます。

「1週間に1回、30分だけ働くママ」として、仕事デビューしたのです。

それでも、はじめた当初は子どもに泣かれて困ったそう…

そして、徐々に時間と回数を増やしていくことで、ある程度まとまった収入を得ることができるようになったのです。

ここでのポイントは、「とにかく働く実績を積むこと」

そのための、最初の一歩だということですね。

ですから、あなたも最初の一歩をどうするか?にフォーカスして考えてみると、意外なアイディアが浮かんでくるのではないでしょうか。

働くのは夫が家にいる時間に

先にもお伝えしたように、あなたが働くためには夫の協力は不可欠ですね。

ですから、スタート前には、よく話しあっておきましょう。

夫婦 仲直り

そして、当初はやはり夫がいる時間に働くスタイルが望ましいですね。

夫の休日に自宅キッチンで料理教室を行うことができれば、こういった問題も一気に解消できてしまいます。

もちろん家にいてもらって、いろいろとフォローしてもらえれば、生徒さんにも安心してもらえますし、何より子どもが安心できる環境というのが一番ではないでしょうか。

仮に、当初は自宅で料理教室を開くことができなくて、外部のキッチンスタジオで働く場合でも、夫と交代で仕事することであなた自身もストレスがなくなります。

しかも、必然的に夫に子どもや家事を任せることで普段のあなたの苦労や頑張りを理解してもらえる機会にもありますから、一石二鳥ではないでしょうか。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

いかがでしたでしょうか?

大切なことは、最初の一歩を踏み出してみるということ。

はじめの一歩

そのためには、できない言い訳を探すのではなく、どのようにしたらできるのか?を考え続けることだと思います。

先の例でいえば、1日1時間をどうやって働くのか?にフォーカスしてみれば、たとえば、仲のいい先生の自宅教室でちょっとしたアシスタントをさせてもらうことができるかも知れません。

もし、あなたがレストランで調理場の経験をお持ちなら、忙しいランチタイムだけ調理を手伝うとか、それが無理でも洗い場や簡単な料理提供ならできるのではないでしょうか?

繰り返しますが、大切なことはあなたがまず行動をしてみること。

【まとめ】専業主婦から働くママへ 最初の1歩の踏み出し方

・まずは1日1時間だけ働いてみる

・働くのは夫が家にいる時間に

ぜひ、あなたも今からすぐにできることから、はじめてみましょう!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

自宅キッチンからはじめる、わたしの料理教室。無料メール講座。

最初はみんな

今のあなたと同じように

お料理が好きなだけだったんです!

 

昔から自宅でいろいろな習い事を教えている先生は多くいました。

それは、女性が家から外に出て働く社会的な環境が整っていなかったからに他なりません。

だいぶ環境が整ってきたとはいえ、まだまだ女性が子育てしながら働くには、

働き方の選択肢が少ないですよね?

 

あなたも、どうしたら自分らしいライフスタイルを送ることができるのか、

と考えたことが一度や二度はあるでしょう。

それは、女性には結婚、出産、育児というライフステージの折々で、

生活の変化を求められることが多いからなのです。

 

ですから、ある程度子どもから手が離れて、ようやく自分のことをしっかりやりたいな、

と思った頃には時すでに遅し…、ということも少なくありません。

 

あなたにも、同じような悩みはありませんか?

 

でも、このような世の女性たちが多くいらっしゃる一方で、

結婚も子育ても、そして自分らしいライフスタイルも…、

これらすべてをエンジョイしている方も多くいらっしゃるのです。

 

両者の違いは何だと、あなたは思いますか?

 

それは、ただ一つ。

そのことを望んだのか、そうでなかったのか、だけなのです!

 

 

子育てしながらできる料理教室を自宅でやってみませんか?



 

せっかく料理のスキルをお持ちなら、それを使って料理を教えてみませんか?

お昼前に生徒さんに料理を教えて、つくった料理を囲んでそのまま一緒にランチ会をするのもいいでしょう。

あなたの健康的な料理を生徒さんが覚えてくれたら、生徒さんのお子さんにまで健康な食事を届けることができます。

これって、素敵だと思いませんか?

でも、もしもあなたが、今まで自分で事業をしたことがなければ、ハードルを高く感じてしまうかもしれません。

「自分でビジネスする自信なんて…」

「ちゃんと生徒さんが集まるのかな…」などなど、ご不安なこともきっと多いでしょう。

そんなあなたのために、、、

 

あなたのママ・ティーチャーデビューを応援する無料メール講座があります!



 

ママ・ティーチャー養成講座では、子育てママの料理教室デビューを応援するために、無料のメール講座をご用意しております。

自宅料理教室でデビューするために必要な情報をメール講座でお伝えします。

メールなので、あなたは時間のあるときにゆっくり目を通すことができ、いつでも内容を振り返ることができます。

それに、無料のレッスンなので、「無駄遣いしちゃった…」と後悔する必要だってありません。

このメール講座をまずは受けてみて、「私にもできそうかも?」と思ってから、教室を開く準備をしたらいいんです。

今はまだ教室を開く自信がなくても、まずはこの無料メール講座を受けてみませんか?

 

子どもや家族と一緒の時間を大切にしながら、

自宅で働くことで収入も得られて、

あなたにはさらに人とのつながりと感謝が!

 



想像してみてください。

あなたは毎日自宅にいながら、ご主人や子どもたちがいない時間に、好きな気の合う生徒さんと楽しい料理教室を開催しています。

あなたのレッスンは生徒さんの心に響くステキな内容で、多くの生徒さんから、いつも「ありがとう!」と感謝されています。

あなたの生徒さんの周囲では、口コミであなたの評判が広がり、あなたのレッスンを受けたい!という嬉しい連絡がひっきりなしにきています。

生徒さんの中から、「わたしも先生みたいに自宅キッチンで料理教室を開きたいので、どうしたら先生みたいになれるのか、教えてください!」という声をいただくようになります。

 

あなたの料理教室を通して、あなたの家庭にも、生徒さんの家庭にもたくさんの笑顔があふれるでしょう。

そうなれば、あなたは生徒さんから感謝される存在になります。

あなたには社会との、生徒さんとのつながりができ、ときには親しい友人もできるかもしれません。



きっと、今でもあなたは充実した毎日を送っていることでしょう。

でも、自宅料理教室を開くことで、毎日の生活に変化やコミュニケーションが生まれると、

もっともっと充実した日々になると思いませんか?

そんな毎日に憧れる方は、まずは無料メール講座にお申し込みください!

あなたからのお申し込みを、心よりお待ち申し上げます。

無料メール講座に登録する

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*