ドタキャン生徒さんの対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

今日のテーマは、「ドタキャン生徒さんの対処法」です。

料理教室の先生に、「教室の運営で困っていることはありませんか?」と質問すると、必ずかえってくるのが、ドタキャン生徒さんの扱い方です。

ドタキャンされると本当に萎えますよね。

レッスン当日、折角準備したことが台無しになる…

絶望してしまう気持ち、よくわかります。

あなただけならまだしも、他の生徒さんに迷惑がかかるのは耐えられないことですよね。

こうした生徒さんのドタキャンをどうやって防いでいったらよいのでしょうか?

その解決のためのヒントをお伝えいたしましょう。

■なぜ、ドタキャンされてしまうのか?

これは正直色々な理由が考えられますが、一番の理由は、これ。

「あなたのステータスが低いから」

えっ、どういうことなの?

あなたは不思議に感じたかも知れませんが、簡単に言えば、あなたが生徒さんから軽く見られてしまっているということなのですね。

では、ステータスとは何でしょうか。

先生のステータスとは、あなたの社会的な地位や身分のことを指します。

少し大げさな表現ですが、言い換えれば「ポジション」のことなのです。

つまり、生徒さんとあなたの関係性の問題なのです。

言葉は悪い例えですが、そもそもの力関係は適正になっているか、ということなのです。

もし、あなたが毎回生徒さんに次回のレッスンに来て欲しいとお願いばかりしていたら、当然生徒さんの方が上の地位=ポジションにいることになってしまいます。

反対に、生徒さんが次回レッスンを予約しようとしても、なかなか予約が取れなかったとしたら、あなたが上のポジションにいる形になりますよね。

料理教室という性質上、先生と生徒の関係は上下関係(誤解しないでくださいね。教える立場と教わる立場という意味ですので)にあるべきなのです。

ですから、あなたにとって大切なことは、「常に自分の今の行動は、ステータスを上げるのか?下げるのか?」を意識しておくことに他なりません。

いかがでしょうか?

多くの料理教室の先生がそうなのですが、そもそもステータスを意識したことがない場合があります。

実は、このことこそが、あなたのステータスが低い最大の原因なのです。

なので、常にステータスを意識していれば、いつの間にかあなたと生徒さんの立場は逆転するはずなのですね。

■ドタキャン生徒さんの対処方法はどうすればいい?

では、一番の問題である「どのように対処したらいいのか?」ですが、本当にこの質問をよくお聞きしますが、私の答えは、極めてシンプルです。

即ち、出入り禁止にすることです。

これってどういうことかというと、ドタキャン生徒さんとは関係を持たない、つまり付き合わないようにすればいいのです。

あなたや一緒にレッスンを受ける生徒さんへ最低限の配慮すらできない人は、いずれ大きな問題を起こす可能性大!

だから、今の内から火種を排除しておくのが賢明なのですね。

こういう人と付き合わないようにするには、予め約束しておく必要があります。

つまり、体験レッスンや初回レッスンの時にあなたの教室のルールを明示しておくのです。

例えば、レッスンの予約変更は前日までとして、当日キャンセルは認めない。

もし、どうしても欠席の場合(急な病欠など)は、レッスン開始2時間前までに直接電話で連絡させる等、少しでもキャンセルすることへの心理的な抵抗感を上げておくのです。

人は嫌な気持ちになることを避ける傾向がありますから、そのための仕掛けを用意しておくことでリスクヘッジにもなるのですね。

■ドタキャン生徒さんを教育するということ

ここまででドタキャン生徒になる可能性のある人を教育しておくことが大切なことは理解できたのではありませんか。

教育というとちょっと大袈裟に聞こえるかも知れませんが、先生というポジションを自分で確立するには、普段から生徒さんとの付き合い方を考えておくことが大切なのですね。

さらに、もう一つ重要なことがあります。

それは、あなたからもレッスン日時の連絡を細目に入れておくことです。

人は得てして忘れやすい生きものです。

きっとあなたにも心当りがあるのではないでしょうか?

子どもの学校行事の日時をうっかり忘れてしまって、当日大慌てした経験が。

なので、レッスン日時案内は、予約時、3日前、前日の最低3回はメールやLine等で生徒さん各自に直接届けるようにしておきましょう。

Lineであれば、既読かどうかがあなたにも分かりますから、もしもなかなか既読にならなければ、直接連絡を取れるので都合が良いかも知れませんね。

◇◆◇◆◇◆

いかがでしたでしょうか?

では、大切なポイントをあらためてまとめておきましょう。

【まとめ】

・なぜ、ドタキャンされてしまうのか?

・ドタキャン生徒さんの対処方法はどうすればいい?

・ドタキャン生徒さんを教育するということ

あなた自身がいつもステータスを意識していれば、ドタキャン生徒さんに悩まされることはなくなるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

自宅キッチンからはじめる、わたしの料理教室。無料メール講座。

最初はみんな

今のあなたと同じように

お料理が好きなだけだったんです!

 

昔から自宅でいろいろな習い事を教えている先生は多くいました。

それは、女性が家から外に出て働く社会的な環境が整っていなかったからに他なりません。

だいぶ環境が整ってきたとはいえ、まだまだ女性が子育てしながら働くには、

働き方の選択肢が少ないですよね?

 

あなたも、どうしたら自分らしいライフスタイルを送ることができるのか、

と考えたことが一度や二度はあるでしょう。

それは、女性には結婚、出産、育児というライフステージの折々で、

生活の変化を求められることが多いからなのです。

 

ですから、ある程度子どもから手が離れて、ようやく自分のことをしっかりやりたいな、

と思った頃には時すでに遅し…、ということも少なくありません。

 

あなたにも、同じような悩みはありませんか?

 

でも、このような世の女性たちが多くいらっしゃる一方で、

結婚も子育ても、そして自分らしいライフスタイルも…、

これらすべてをエンジョイしている方も多くいらっしゃるのです。

 

両者の違いは何だと、あなたは思いますか?

 

それは、ただ一つ。

そのことを望んだのか、そうでなかったのか、だけなのです!

 

 

子育てしながらできる料理教室を自宅でやってみませんか?



 

せっかく料理のスキルをお持ちなら、それを使って料理を教えてみませんか?

お昼前に生徒さんに料理を教えて、つくった料理を囲んでそのまま一緒にランチ会をするのもいいでしょう。

あなたの健康的な料理を生徒さんが覚えてくれたら、生徒さんのお子さんにまで健康な食事を届けることができます。

これって、素敵だと思いませんか?

でも、もしもあなたが、今まで自分で事業をしたことがなければ、ハードルを高く感じてしまうかもしれません。

「自分でビジネスする自信なんて…」

「ちゃんと生徒さんが集まるのかな…」などなど、ご不安なこともきっと多いでしょう。

そんなあなたのために、、、

 

あなたのママ・ティーチャーデビューを応援する無料メール講座があります!



 

ママ・ティーチャー養成講座では、子育てママの料理教室デビューを応援するために、無料のメール講座をご用意しております。

自宅料理教室でデビューするために必要な情報をメール講座でお伝えします。

メールなので、あなたは時間のあるときにゆっくり目を通すことができ、いつでも内容を振り返ることができます。

それに、無料のレッスンなので、「無駄遣いしちゃった…」と後悔する必要だってありません。

このメール講座をまずは受けてみて、「私にもできそうかも?」と思ってから、教室を開く準備をしたらいいんです。

今はまだ教室を開く自信がなくても、まずはこの無料メール講座を受けてみませんか?

 

子どもや家族と一緒の時間を大切にしながら、

自宅で働くことで収入も得られて、

あなたにはさらに人とのつながりと感謝が!

 



想像してみてください。

あなたは毎日自宅にいながら、ご主人や子どもたちがいない時間に、好きな気の合う生徒さんと楽しい料理教室を開催しています。

あなたのレッスンは生徒さんの心に響くステキな内容で、多くの生徒さんから、いつも「ありがとう!」と感謝されています。

あなたの生徒さんの周囲では、口コミであなたの評判が広がり、あなたのレッスンを受けたい!という嬉しい連絡がひっきりなしにきています。

生徒さんの中から、「わたしも先生みたいに自宅キッチンで料理教室を開きたいので、どうしたら先生みたいになれるのか、教えてください!」という声をいただくようになります。

 

あなたの料理教室を通して、あなたの家庭にも、生徒さんの家庭にもたくさんの笑顔があふれるでしょう。

そうなれば、あなたは生徒さんから感謝される存在になります。

あなたには社会との、生徒さんとのつながりができ、ときには親しい友人もできるかもしれません。



きっと、今でもあなたは充実した毎日を送っていることでしょう。

でも、自宅料理教室を開くことで、毎日の生活に変化やコミュニケーションが生まれると、

もっともっと充実した日々になると思いませんか?

そんな毎日に憧れる方は、まずは無料メール講座にお申し込みください!

あなたからのお申し込みを、心よりお待ち申し上げます。

無料メール講座に登録する

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*