マーケティング心理学から考える、料理教室の先生のためのクレーム対応とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

今回のテーマは、「マーケティング心理学から考える、料理教室の先生のためのクレーム対応とは?」です。

ビジネスをしているとクレームは付きものですよね?

どんな業種であれ、何もかも完璧ということはありませんから、必ずミスや失敗はあるものです。

問題はその時にどうするか?

人は誰しも、クレームの対応は嫌なものです。できれば、避けて通りたいところ…。

ですが、料理教室の先生にとっては、クレームが起きてしまった時こそがチャンスなのです。

クレームというピンチをチャンスに変える対応力

あるお弁当屋さんでのできごとを例にして考えてみましょう。

地域密着で長年顧客から愛されているお弁当屋さんに、残業の夜食用の買い出しに行った時のこと。

人数分のお弁当を買って、会社に戻ってきてから開けてみると、注文したものと実際のお弁当が一つだけ違っていたのです。

会社の経費で処理するためにしっかりとレシートをもらっていましたので、確認してみるとやはり違う種類のお弁当が入っていました。

飲食業や小売業の経験がある方は分かると思うのですが、いわゆる入れまちがいという初歩的なミスです。

すぐさま、レシートを見ながらお弁当屋さんに電話してみると、ご主人とおぼしき人が平謝りでこれからお弁当を届けてくれるとのこと。

さすがにそこまでではないので、次回より注意してください、というと何が何でも持っていくと…。

少しご主人の雰囲気に気おされて、取りかえにきてもらうことにしました。

実は、そのお弁当屋さんは、最近リニューアル工事をしたばかりで、新人アルバイトも増やしたので、「教育不足だった」というところではないでしょうか?

そんな話をしながら待っていると、ほどなくご主人とおぼしき男性が新しいお弁当を持って謝罪にきました。

「今回は大変、失礼をいたしました・・・」と深々とお辞儀をし、丁寧にお詫びをしてきました。

そして、交換用のお弁当の他にも、「お詫びの気持ちですのでこちらもお受け取り下さい」と、全員分の飲み物も差し出してきたのです。

さすがにここまで対応してもらうとこちらもグッときて、恐縮しきりです…

ですが、さらに驚いたのは、「こちらは先ほどの電話代としてお受け取り下さい」と、100円玉を差し出してきたのです。

これには、たいそうびっくりして、その場のみんなもシーンとなってしまいました。

それは、電話代の100円までは完全に想定外のことだったからに他なりません。

お客様の感情を動かすのがマーケティング心理学

このように人は自分の思っていた以上の行為を受けると感情が動きます。

誕生日などの嬉しいサプライズはもちろんですが、逆に、トラブルなどで感情が高ぶっている時は、相手がきちんとした謝罪の気持ちを行為として表すことで、嬉しい時以上に、感情が動かされることもあるほどです。

その結果、以前にもまして信頼が高まることがあるのです。

人の感情はプラスの感情よりもマイナスの感情が、よりエネルギーが大きいと言われます。

ですから、今回のようなお客様からのクレームは、その信頼や信用を手にする、絶好のチャンスでもあるのです。

怒りを露わにしている相手に冷静に対処するのは、精神的にはかなりな負担を強いることになります。

ですが、相手の心中を汲み取り、相手の思った以上の行動をして、謝罪の気持ちを表すことはあなたの「誠意」を伝える最高の機会です。

ビジネスにはトラブルがつきものです。トラブルの無いビジネスなどあり得ないことでしょう。

どうせ、起こってしまうものならば、逆に最良のビジネスチャンスと捉えることが、お客様の信頼、信用を手にする賢明な考え方だと思います。

今回のように、例え金額が僅か100円だったとしても、相手の感情を動かすことが信頼を手にすることにつながります。

マーケティング心理学の基本はお客様との信頼作りです。

と同時に、お客様との距離間を縮めることもマーケティング心理学の基本です。

料理教室の先生であるあなたの対応力ひとつで、生徒さんとの距離が縮まるか、それとも離れていってしまうのか、その分かれ道であることをしっかりと理解しておきましょう。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

いかがでしたでしょうか?

では、そのポイントをおさらいしておきましょう!

【まとめ】マーケティング心理学から考える、料理教室の先生のためのクレーム対応とは?

・クレームというピンチをチャンスに変える対応力

・お客様の感情を動かすのがマーケティング心理学

ぜひ、あなたも自分の教室経営につながるクレーム対応を考えてみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

自宅キッチンからはじめる、わたしの料理教室。無料メール講座。

最初はみんな

今のあなたと同じように

お料理が好きなだけだったんです!

 

昔から自宅でいろいろな習い事を教えている先生は多くいました。

それは、女性が家から外に出て働く社会的な環境が整っていなかったからに他なりません。

だいぶ環境が整ってきたとはいえ、まだまだ女性が子育てしながら働くには、

働き方の選択肢が少ないですよね?

 

あなたも、どうしたら自分らしいライフスタイルを送ることができるのか、

と考えたことが一度や二度はあるでしょう。

それは、女性には結婚、出産、育児というライフステージの折々で、

生活の変化を求められることが多いからなのです。

 

ですから、ある程度子どもから手が離れて、ようやく自分のことをしっかりやりたいな、

と思った頃には時すでに遅し…、ということも少なくありません。

 

あなたにも、同じような悩みはありませんか?

 

でも、このような世の女性たちが多くいらっしゃる一方で、

結婚も子育ても、そして自分らしいライフスタイルも…、

これらすべてをエンジョイしている方も多くいらっしゃるのです。

 

両者の違いは何だと、あなたは思いますか?

 

それは、ただ一つ。

そのことを望んだのか、そうでなかったのか、だけなのです!

 

 

子育てしながらできる料理教室を自宅でやってみませんか?



 

せっかく料理のスキルをお持ちなら、それを使って料理を教えてみませんか?

お昼前に生徒さんに料理を教えて、つくった料理を囲んでそのまま一緒にランチ会をするのもいいでしょう。

あなたの健康的な料理を生徒さんが覚えてくれたら、生徒さんのお子さんにまで健康な食事を届けることができます。

これって、素敵だと思いませんか?

でも、もしもあなたが、今まで自分で事業をしたことがなければ、ハードルを高く感じてしまうかもしれません。

「自分でビジネスする自信なんて…」

「ちゃんと生徒さんが集まるのかな…」などなど、ご不安なこともきっと多いでしょう。

そんなあなたのために、、、

 

あなたのママ・ティーチャーデビューを応援する無料メール講座があります!



 

ママ・ティーチャー養成講座では、子育てママの料理教室デビューを応援するために、無料のメール講座をご用意しております。

自宅料理教室でデビューするために必要な情報をメール講座でお伝えします。

メールなので、あなたは時間のあるときにゆっくり目を通すことができ、いつでも内容を振り返ることができます。

それに、無料のレッスンなので、「無駄遣いしちゃった…」と後悔する必要だってありません。

このメール講座をまずは受けてみて、「私にもできそうかも?」と思ってから、教室を開く準備をしたらいいんです。

今はまだ教室を開く自信がなくても、まずはこの無料メール講座を受けてみませんか?

 

子どもや家族と一緒の時間を大切にしながら、

自宅で働くことで収入も得られて、

あなたにはさらに人とのつながりと感謝が!

 



想像してみてください。

あなたは毎日自宅にいながら、ご主人や子どもたちがいない時間に、好きな気の合う生徒さんと楽しい料理教室を開催しています。

あなたのレッスンは生徒さんの心に響くステキな内容で、多くの生徒さんから、いつも「ありがとう!」と感謝されています。

あなたの生徒さんの周囲では、口コミであなたの評判が広がり、あなたのレッスンを受けたい!という嬉しい連絡がひっきりなしにきています。

生徒さんの中から、「わたしも先生みたいに自宅キッチンで料理教室を開きたいので、どうしたら先生みたいになれるのか、教えてください!」という声をいただくようになります。

 

あなたの料理教室を通して、あなたの家庭にも、生徒さんの家庭にもたくさんの笑顔があふれるでしょう。

そうなれば、あなたは生徒さんから感謝される存在になります。

あなたには社会との、生徒さんとのつながりができ、ときには親しい友人もできるかもしれません。



きっと、今でもあなたは充実した毎日を送っていることでしょう。

でも、自宅料理教室を開くことで、毎日の生活に変化やコミュニケーションが生まれると、

もっともっと充実した日々になると思いませんか?

そんな毎日に憧れる方は、まずは無料メール講座にお申し込みください!

あなたからのお申し込みを、心よりお待ち申し上げます。

無料メール講座に登録する

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*