はじめての料理教室は、どこでやるか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

今日のテーマは、はじめての料理教室は、どこでやるか?です。

いざ料理教室を開こう!と決めたとしても、いきなり自宅キッチンで料理教室をはじめるのってハードルが高いですよね…

多くのママ・ティーチャーたちに共通した一番はじめの悩みとも言えるかも知れません。

・調理器具や設備が整っていない…

・家族のプライバシーが心配…

・そもそもご主人や子どもたちが賛成してくれるかしら…

こういった悩みや心配がいくつも湧き出てきてしまって、なかなか前に進むことができなません。

そんなあなたに今回は、少し視点を変えるきっかけをご紹介しましょう!

■レンタルキッチンを借りる

一番簡単に解決できる方法がこのレンタルキッチンを借りるというやり方です。

最近は趣味のコミュニティーなどで利用できるレンタルキッチンが増えてきていますから、あなたの自宅の近くにも手軽に借りることができるところがあるかも知れません。

レンタルキッチンには、あらかじめ料理教室をはじめるために必要なものはすべて揃っていますから便利ですよね。

レッスンの当日までに食材とレシピを用意しておけば、あとはレンタルキッチンに行くだけになります。

ただし、それなりの費用がかかることは覚悟しておかなければなりません。

生徒さんから徴収するレッスン料だけで賄えればいいのですが、はじめての料理教室にそこまで多くの生徒さんを集めるのはかなり難しいとも思いますので、少しは赤字を覚悟しておく必要があります。

実績を積むという意味では最初は仕方がないですが、ずっと続けていくということを考えるといつまでも赤字でいいというわけにはいきませんね。

なので、レンタルキッチンを借りる場合には、あらかじめ自宅キッチンへ移行するまでの実験として取り組む必要がありそうです。

その際に注意しなければならないのは、あくまでも自宅近くのレンタルキッチンを使うということです。

レンタルキッチンとあなたの自宅が離れていると生徒さんが通えなくなってしまうので注意が必要です。

■公共施設を借りる

次にご紹介するのは、住んでいる自治体の公民館などの調理室を借りるという方法です。

ただし、公共施設というのはそもそも地域の役に立つことを目的に設置されていますので、一私人や企業が営利目的で使用することを禁じているケースがほとんどです。

では、どのようにしたらよいのでしょうか。

公共施設を利用する人向けにあなたが得意なお料理やお菓子を教える教室を開催してしまえばいいんです。

この場合、生徒さんは材料費程度の金額で料理教室に参加できますので、気軽に通っていただけます。

あなたはここで腕試しができるわけですから、自宅キッチンへ移行するまでに十分に実力をつけることができるチャンスでもあるのです。

もちろん、そこで気の合った生徒さんと巡り合うことができれば、さらに自宅キッチンでの料理教室が順調にスタートできることにもなりますから、一石二鳥ではないでしょうか。

早速、近くの公共施設の情報を集めてみることからはじめてみましょう。

■コラボレッスンを行う

最後にご紹介する方法は、すでに自宅料理教室をはじめている先生とコラボレッスンをするというやり方です。

えっ、そんなことって思うかも知れませんが、実はこれって意外とニーズがあるんですね。

すでに自宅料理教室をやっている先生の悩みのひとつが、どうやって生徒さんにリピートしてもらうか?ということなのです。

料理教室のメニューバリエーションを開発するって結構大変なことなのですが、先生たちがいつも頭を悩ませているのが生徒さんを飽きさせないレッスンを作ることなのですね。

よくあるのが、ひととおりのメニューを修了してしまうとその後の続きがなくなって、卒業してしまうというケース。

これだと、早くて3ヶ月くらいで卒業してしまうので、その度に新しい生徒さんを集めなければいけなくて大変…、という先生は多いのです。

なので、違うジャンルの料理とのコラボ教室という企画は、そういった先生にとっても魅力的なことなんですね。

たとえば、お菓子と料理、ワインと料理のマリアージュ、料理にあうパンなどなど。

また、少し違う視点になりますが、異業種とのコラボレッスン

以前に開催したカメラママとこどもお菓子教室はなかなか好評でしたし、体操教室とダイエット料理やタンゴダンスと認知症予防食なども面白い企画になりました。

ですから、あなたも気になる先生の教室をチェックしてみて、チャンスがあったらぜひアプローチしてみてくださいね。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

いかがでしたでしょうか?

大事なポイントをあらためておさらいしておきましょう。

【まとめ】はじめての料理教室は、どこでやるか?

■レンタルキッチンを借りる

■公共施設を借りる

■コラボレッスンを行う

さあ、あなたができることからはじめてみましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

自宅キッチンからはじめる、わたしの料理教室。無料メール講座。

最初はみんな

今のあなたと同じように

お料理が好きなだけだったんです!

 

昔から自宅でいろいろな習い事を教えている先生は多くいました。

それは、女性が家から外に出て働く社会的な環境が整っていなかったからに他なりません。

だいぶ環境が整ってきたとはいえ、まだまだ女性が子育てしながら働くには、

働き方の選択肢が少ないですよね?

 

あなたも、どうしたら自分らしいライフスタイルを送ることができるのか、

と考えたことが一度や二度はあるでしょう。

それは、女性には結婚、出産、育児というライフステージの折々で、

生活の変化を求められることが多いからなのです。

 

ですから、ある程度子どもから手が離れて、ようやく自分のことをしっかりやりたいな、

と思った頃には時すでに遅し…、ということも少なくありません。

 

あなたにも、同じような悩みはありませんか?

 

でも、このような世の女性たちが多くいらっしゃる一方で、

結婚も子育ても、そして自分らしいライフスタイルも…、

これらすべてをエンジョイしている方も多くいらっしゃるのです。

 

両者の違いは何だと、あなたは思いますか?

 

それは、ただ一つ。

そのことを望んだのか、そうでなかったのか、だけなのです!

 

 

子育てしながらできる料理教室を自宅でやってみませんか?



 

せっかく料理のスキルをお持ちなら、それを使って料理を教えてみませんか?

お昼前に生徒さんに料理を教えて、つくった料理を囲んでそのまま一緒にランチ会をするのもいいでしょう。

あなたの健康的な料理を生徒さんが覚えてくれたら、生徒さんのお子さんにまで健康な食事を届けることができます。

これって、素敵だと思いませんか?

でも、もしもあなたが、今まで自分で事業をしたことがなければ、ハードルを高く感じてしまうかもしれません。

「自分でビジネスする自信なんて…」

「ちゃんと生徒さんが集まるのかな…」などなど、ご不安なこともきっと多いでしょう。

そんなあなたのために、、、

 

あなたのママ・ティーチャーデビューを応援する無料メール講座があります!



 

ママ・ティーチャー養成講座では、子育てママの料理教室デビューを応援するために、無料のメール講座をご用意しております。

自宅料理教室でデビューするために必要な情報をメール講座でお伝えします。

メールなので、あなたは時間のあるときにゆっくり目を通すことができ、いつでも内容を振り返ることができます。

それに、無料のレッスンなので、「無駄遣いしちゃった…」と後悔する必要だってありません。

このメール講座をまずは受けてみて、「私にもできそうかも?」と思ってから、教室を開く準備をしたらいいんです。

今はまだ教室を開く自信がなくても、まずはこの無料メール講座を受けてみませんか?

 

子どもや家族と一緒の時間を大切にしながら、

自宅で働くことで収入も得られて、

あなたにはさらに人とのつながりと感謝が!

 



想像してみてください。

あなたは毎日自宅にいながら、ご主人や子どもたちがいない時間に、好きな気の合う生徒さんと楽しい料理教室を開催しています。

あなたのレッスンは生徒さんの心に響くステキな内容で、多くの生徒さんから、いつも「ありがとう!」と感謝されています。

あなたの生徒さんの周囲では、口コミであなたの評判が広がり、あなたのレッスンを受けたい!という嬉しい連絡がひっきりなしにきています。

生徒さんの中から、「わたしも先生みたいに自宅キッチンで料理教室を開きたいので、どうしたら先生みたいになれるのか、教えてください!」という声をいただくようになります。

 

あなたの料理教室を通して、あなたの家庭にも、生徒さんの家庭にもたくさんの笑顔があふれるでしょう。

そうなれば、あなたは生徒さんから感謝される存在になります。

あなたには社会との、生徒さんとのつながりができ、ときには親しい友人もできるかもしれません。



きっと、今でもあなたは充実した毎日を送っていることでしょう。

でも、自宅料理教室を開くことで、毎日の生活に変化やコミュニケーションが生まれると、

もっともっと充実した日々になると思いませんか?

そんな毎日に憧れる方は、まずは無料メール講座にお申し込みください!

あなたからのお申し込みを、心よりお待ち申し上げます。

無料メール講座に登録する

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*